禁煙できない理由のひとつとして、一番はタバコに含まれているニコチンの依存性ですが、それ以外にも、ストレスなど、個人的な問題で禁煙のハードルが上がってしまう場合があります。

仕事場ではどうしても禁煙できない人について

家ではタバコを吸わないのに仕事場ではどうしても吸ってしまうという人は案外多いものです。
休憩時間のコミュニケーションとして、また仕事中のストレスを紛らわすためといったことがその原因なのですが、実際のところ仕事中の禁煙というのは自宅で一人で禁煙をすることよりも難しいというのはあるでしょう。

自分以外の誰もタバコを吸っていないのであればまだしも、自分以外にもタバコを吸っている人がいて日常的にタバコを吸いながらの雑談をしていたということになるとその雑談の機会も失われることになります。
ただこうしたことが理由でせっかく思い立った禁煙を諦めるというのはもったいない話です。
せっかくこれまで吸い続けてきたタバコと決別すると決めたのですから、そうした場でも対策をしてうまく禁煙を実現するのが重要です。

その方法としてはまず誘われてもきっぱり断るのが一番でしょう。
「もうタバコは吸わないことにしたから」と言えば多少冷やかされたりからかわれることはあっても、本当にしっかりした大人が相手なら理解してくれるものです。
実際、副流煙を吸っているとタバコの味を思い出して禁煙が失敗するということは良くありますので、可能なのであれば喫煙をしている場に立ち会わないようにするのがベストと言えるでしょう。

またそうしたことが難しいというようであれば、電子タバコを試してみるというのも一つの手になります。
これまでの電子タバコは作りもチープで大した効果がないものが多かったのですが、最近では煙を吐く楽しさを味わうことができ、また味としても実際のタバコになるべく似せたものがよく見受けられるようになってきましたから代用品としてはある程度使えるものになってきています。
仕事場での禁煙はなかなか難しいものですが、それさえ乗り切れれば禁煙の成功率もぐっと高くなりますからさまざまな工夫で乗り切るようにしましょう。